« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007-01-29

命を弄ぶ言説たち

自衛官の「戦死」を期待していた輩がいる。それはおそらく事実でしょう。ですが、命の尊さを口にしながら、自衛官の命を弄んでいるのはあなたも同じでしょう。こんなに死んでいるんだ、こんなに危険なんだ、だから彼らは素晴らしいのだと、「戦死者」が出ていることを喜んでいるではないですか。野口裕之氏の【軍事報告】イラク自衛隊の真実という文章を読んで、そう思いました。

この文章には別の問題もあります。読者に「自衛隊員」と「自衛官」の区別がつかないのをいいことに、服務の宣誓について触れた部分にだけ「自衛隊員」という語を使っています。大多数の読者は、あなたの思惑通り「自衛隊員」=「自衛官」と思い込んでくれるでしょうが、「自衛官」とは命を受け、自衛隊の隊務を行う自衛隊員、いわゆる制服組を指す言葉であり(防衛省設置法第59条)、「自衛隊員」と言った場合には防衛省内部部局などのいわゆる背広組も含まれます(自衛隊法第2条第5項)。つまり、自衛隊法第53条の規定は、背広組を含む自衛隊員に適用されている。背広組も事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務め、もつて国民の負託にこたえると宣誓しているのです。

そもそも、公務員は法律で服務宣誓の義務が課せられているのであり(国家公務員法第97条、地方公務員法第31条、警察法第3条、自衛隊法第53条)、宣誓の文言や職務の内容、危険性の違いこそあれ、重い責務を負っています。それを無視して、自衛官の命の重みをちらつかせるだけの言説を披露するのはなぜでしょうか。

それが有効だと思っているのでしょう。この国では、新大久保駅で線路に飛び込んだ行為が無批判に美談とされているのですから。崇高な目的のために命を賭していると言えば、盲目に受け入れてもらえるとでも思っているのでしょう。死体の数を増やすだけでしかなかった無謀な行為が無批判に美談とされているのですから。

でも、それで彼らは報われるのでしょうか。彼らを正当に評価したことになるのでしょうか。 凶悪な犯罪者に立ち向かう警察官は、炎の中に飛び込む消防隊員は、服務宣誓をしたから評価されているのでしょうか。自らの命を危険にさらしているから評価されているのでしょうか。それとも、彼らが、日々なすべきことをしているから評価されているのでしょうか。

繰り返します。彼らの働きが正当に評価されていない。彼らの命が軽んじられている。それは事実でしょう。ですが、命の尊さを口にしながら、自衛官の命を弄んでいるのはあなたも同じでしょう。こんなに死んでいるんだ、こんなに危険なんだ、だから彼らは素晴らしいのだと、「戦死者」が出ていることを喜んでいるではないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-01-27

窓際あったかボードの効果を検証

冷気ストップパネルの効果を検証で、段ボール箱製の似非冷気ストップパネルの効果を検証したところ、妻が類似品の窓際あったかボードを買ってきました。

ダンボールならただじゃないかと言ったところ、ダンボールは虫が湧くと反論されてしまいました。

虫。昆虫。あの赤じゃなくて黒光りしているくせに3倍速い人類の宿敵が湧くんでしょうか。恐ろしい。いや、チャバネゴキブリはあまり黒光りはしていないな……。

そんなわけで早速設置、しようとしたところ、パッケージに記載されている寸法から予想したとおり和室の掃出し窓には幅が足りません。切ったり張ったりして不足分を継ぎ足して設置完了。

効果自体はダンボール製似非冷気ストップパネルと変わらないのですが、窓際あったかボードは発泡ポリエチレンという材質の関係か、ややふにゃふにゃで頼りない。掃除機のノズルで突いてしまい、気がつくと窓に最接近していたりします。窓とボードの間に冷気をせき止めるのが売りなのに窓と一体になってしまっては意味がない。 これは、本物の冷気ストップパネルも購入して実際の使い勝手を検証しないといけない気がしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-01-20

納豆ダイエットは本当か

というネタを書こうと思いながら中途半端に資料を集めたあたりで放置していたら、番組の内容が嘘だらけだったことが公表されてしまいました。せっかくのネタが潰されちゃったなあ……。

新情報をいくつか仕入れたので下のほうに追記しました。

さて、気を取り直して、独立行政法人国立健康・栄養研究所が開設している「健康食品」の安全性・有効性情報から関連情報を集めてみました。

少なくとも「あるある大事典」で放送された内容を支持する情報はありません。

  • DHEA、イソフラボン、納豆のいずれも「ヒトでの評価」の肥満の項目は調べた文献の中で見当らないとなっています
  • DHEAやイソフラボンは、性ホルモンに似た作用があります。妊娠中・授乳中は通常の食品に含まれる分を超える摂取は避けたほうがよいでしょう。なお、DHEAは日本では医薬品に分類されているため、食品として販売することは認められていません。
  • 食品安全委員会は、大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値を70~75mgとしています(大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値70~75mg/日(大豆イソフラボンアグリコン換算値)は、どのようにして設定されているのですか。
  • 番組内で、納豆2パック=大豆イソフラボン70mgを摂取としていましたが、前述のとおり、食品安全委員会が定めた上限値が70~75mgです。毎日納豆を2パック食べ続ける場合、他に大豆イソフラボンを含む食品を継続的に食べるのは好ましくないかもしれません
  • DHEA、イソフラボンともに、薬物代謝酵素の活性を阻害する可能性があります。医薬品との併用には注意が必要です。納豆は、抗凝固剤のワルファリンの作用を減弱する恐れがあるため併用注意となっています。
  • 骨のカルシウムの維持に有効とする、大豆イソフラボンを関与成分とする特定保健用食品が許可されていますが、骨に対する有効性は認められないとする報告も複数あります。
  • 大豆イソフラボンの、血清脂質に対する有効性についても相反する複数の報告があります。アメリカ心臓協会(AHA)は大豆タンパク質やイソフラボンについて動物性タンパク質の代わりに大量に摂取した場合にのみ、僅かにLDLコレステロールの低下がみられるが、HDLコレステロール、トリグリセリド、リポタンパク質(a)、血圧には影響を与えないとしています。

納豆ダイエットの真偽のほどはともかくとして、1日70mgの大豆イソフラボン摂取を前提とした1日2パックの納豆を推奨するのは不適切と言わざるを得ないでしょう。

追加情報

納豆その後 - だ通東改あるある大事典の「納豆ダイエット」の論文解釈には最初からムリがあった [絵文録ことのは]2007/01/23で、関西テレビが根拠とした論文のひとつがEffect of DHEA on abdominal fat and insulin action in elderly women and men: a randomized controlled trial. Villareal DT, Holloszy JO. JAMA. 2004 Nov 10;292(18):2243-8. と紹介されています。この論文がDHEAに死亡減少の効果があるとしているものです。

ですが、DHEAサプリメントに効果はない - 食品安全情報blogによれば、DHEA in elderly women and DHEA or testosterone in elderly men. Nair KS, Rizza RA, O'Brien P, Dhatariya K, Short KR, Nehra A, Vittone JL, Klee GG, Basu A, Basu R, Cobelli C, Toffolo G, Dalla Man C, Tindall DJ, Melton LJ 3rd, Smith GE, Khosla S, Jensen MD. N Engl J Med. 2006 Oct 19;355(16):1647-59. ではDHEAを投与してもDHEA濃度上昇以外の変化はまったくなく、生活の質も改善しなかったと結論付けられているそうです。

関西テレビは、都合の悪い論文(しかも後から行われた研究です)を無視して(あるいは知らずに)DHEAがダイエットに有効としたことになります。

(食品安全情報blogには他にも興味深い記述があります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-01-01

日米母親比較

日本の場合、子供を放置してスノボに行っても捕まらない。だが、アメリカの場合日本語記事)、親が自宅で寝ている間に子供が外に出て行ったら育児放棄で逮捕。

……年末年始に、こんなしょうもない更新のネタが供給される世の中に嫌気が差しつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »