« 命を弄ぶ言説たち | トップページ | JR東日本の遅延証明書クラックに挑戦 »

2007-02-02

グラフ強調と[これはひどい]

前提:以下のエントリーを、以下の順番で読みました。

  1. 高木浩光@自宅の日記 - 日常化するNHKの捏造棒グラフ
  2. ICのblog:それは違うかと・・・
  3. bmblog: 挑発に乗ってみる

私としては、NHKが変化の大きさを過度に誇張した可能性と、高木浩光氏が変化の小ささを過度に誇張した可能性を考慮しました。また、数値の変化に関して、どちらの見解が妥当かについては検討しませんでした。付け加えるなら、私には、どちらの見解が妥当かについて判断できるだけの情報も知識もありませんでした。繊維業界の動向や海難事故の件数に対する評価を、グラフの見た目だけで決めるのは適切でないとも考えました。

そして、私としてはグラフの見た目をいじって変化の大きさを強調する行為と、はてなブックマークのコメントで[これはひどい]タグをつけてひどさを強調する行為に類似性があるという印象を抱いたので、はてなブックマークのコメント波線で切り取ったグラフで変化を強調するのはいけなくて、[これはひどい]タグでひどさを強調するのは当然。それって変じゃね? と書きました。

今回の事例では、高木浩光氏には「これはひどい」と言う権利があると思いますが、そのほかの人たちが、どこまで考えていたのか、それがとても気になるのです。

|

« 命を弄ぶ言説たち | トップページ | JR東日本の遅延証明書クラックに挑戦 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190091/13748987

この記事へのトラックバック一覧です: グラフ強調と[これはひどい]:

« 命を弄ぶ言説たち | トップページ | JR東日本の遅延証明書クラックに挑戦 »