« 2007年2月 | トップページ | 2007年9月 »

2007-07-19

細村香奈さんに殺されてみるテスト

細村香奈という中学2年生の女の子が夜道を歩いていると男3人にレイプされました。彼女は必死で抵抗しましたが男3人の力に勝てるわけでもなく、まだ14歳という年齢で知らない男達に犯され、口封じとして殺されました。男達は別に罪の意識など少しも、欠片もありません。彼女は成仏出来ないまま、自分を犯した男達を探し続けています。

この話を全部読んでしまった人は必ず、他のスレ5個に同じ内容のレスを貼り付けて下さい。さっきも言いましたが、ここまで読んでしまったなら張り付けるほか方法はないです。殺されてもいい人は関係ない話ですが……。

  • 有村奈津実
  • 清中みずき
  • 鈴鹿陽一
  • 村上梓
  • 畠山龍夜
  • 野口太一

上の人たちはこのチェーンレスを貼り付けなかった為に殺されました。細村香奈に……。

……さて。

  • "細村香奈" の検索結果 約 545 件中 1 - 10 件目 (0.07 秒)
  • "有村奈津実" の検索結果 約 5,270 件中 1 - 10 件目 (0.41 秒)
  • "清中みずき" の検索結果 約 5,400 件中 1 - 10 件目 (0.44 秒)
  • "鈴鹿陽一" の検索結果 約 642 件中 1 - 10 件目 (0.17 秒)
  • "村上梓" の検索結果 約 544 件中 1 - 10 件目 (0.16 秒)
  • "畠山龍夜" の検索結果 約 632 件中 1 - 10 件目 (0.18 秒)
  • "野口太一" の検索結果 約 668 件中 1 - 10 件目 (0.17 秒)

細村香奈さんに殺されてしまったはずの人のほうが、細村香奈さんよりも多数ヒットするというのは不自然ですね。畠山龍夜さんあたりは同姓同名の別人がたくさんヒットするということもなさそうですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-17

埼玉4区の誇り^H^H埃、早川先生

大変だ、急に読者が増えてきた/私のブログの読み方についてというエントリーで、また素敵なことをおっしゃっています。

その1:阪神・淡路大震災当時、自民党は野党だったらしい

阪神淡路大地震のときの総理は、なにしろ初めてのことなので、と弁解した。

当時は 自民党 と社会党、新党さきがけの連立政権だったはずです。有権者はその程度のことも覚えていられない馬鹿だとでも思っているのですか?

それとも、自民単独政権なら死傷者が半分になりましたか? 十分な災害対策を行えないような法律や制度を放置してきたのが与党であり続けた自民党ではないとでも言うのですか?

その2:自民党の総裁は突然死しないらしい

心臓に病を抱えている民主党の党首にそんなことを期待することは酷である。まったく閣僚の経験がない政治家に国家の指揮官の役割を担わせることも危険である。

第84代内閣総理大臣で、第18代自民党総裁の小渕恵三氏が突然の脳梗塞で亡くなったのは7年ほど前でしたね。初めから病気を抱えているのとは違うでしょうが、突然重病を発症する、健康管理に難のある人間を総裁に据えた自民党にも相当問題があります。

また、村山富市氏は閣僚の経験がないまま内閣総理大臣になりましたが、前述のとおり、当時の連立与党には自民党も加わっていました。大多数の有権者は早川氏の期待通り昔のことなんか忘れているのでしょうが。

その3:早川氏も有権者並みに物覚えが悪いらしい

なにせ、ついこの間のことも忘れているのですから。

年金記録問題で民主党を攻撃するため、基礎年金番号導入時は菅直人氏が厚生大臣だったと批判を試みるも、当時自民党が連立与党だったと指摘されて引っ込めたばかりだったはずですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-16

潮目が変わるとき/地震と選挙

参議院選挙が公示されて5日目を迎えた。
朝夕の駅頭でスタッフの疲労が目立ち始めた。
さすがに無理は禁物。
今日は、10時で駅頭を止めることにして帰宅。

揺れがだんだん激しくなる。
TVを見ると、かなり強い地震が新潟で起きたらしい。
災害列島と言われるわが国にとって自然との闘いは、止むことが無い。

マスコミの報道も地震情報が中心となってきており、あれほど騒がれていた赤城大臣の事務所費問題や年金記録問題は隅の方に追いやられている。

当然のことである。

地震がいつ自分の住む地域を襲うか、どのくらいの揺れの地震か、地震の被害を最小限に止めるにはどうしたらよいか、祭り等の行事は予定通り準備してよいか、外出しても大丈夫か、など、自分の生活に直結する地震と、自分の生活にどう関わるかよく見えない選挙では、国民の関心の度合いがまるで違う。

今までの報道振りが異常だったのである。
おそらくこれから1ヶ月以上、私たちは地震情報を追いかけることになろう。

熱い戦いの火蓋が切られたはずであるが、今日の朝刊各紙の選挙に関する報道は急に地味になってきた。
民主党の小沢党首の一日の行動にニュースバリューがなく、安倍総理だけ取り上げるとバランスが欠けるので、選挙に関する報道が少なくなったのではないかと推測している。

年金記録問題も、総務省に設置された第三者委員会が活動を開始したことで、政府に対するマスコミの批判のトーンが弱まってきた。
これまで年金問題が選挙の争点であるとマスコミは煽ってきたが、どうも選挙の争点がボケてきた。
安倍対小沢という対決の構図も、党首討論で安倍総理の優勢勝ちが見えてからは成り立たなくなってきたようだ。

地震の被害が出ているのに、地震はそっちのけで選挙ばかり取り上げ、政府批判を繰り返していれば、政治的に偏向していると批判されても仕方がないだろう。

政治の潮目が変わるときというのは、こんなときを言うのだろうか。

……確かに潮目は変わったかもしれませんね。早川忠孝先生

それとも、もっと死人が出たほうが良かったですか?

災害の印象が強いほうが有利だから、会期延長しないほうが良かった?

どうせ有権者なんて新しいニュースがあるたびに古いことを忘れる馬鹿ばかりだから関係ないですか?

……確かに潮目は変わったかもしれませんね。とりあえず、私は参院選で自民党には入れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-07-03

入浴タイムはお掃除タイムだ

ちょっと前から、入浴直後(出る直前)に浴室の掃除をしています。

これがいいんです。

汚れはすぐに落とすのが合理的。浴室は入浴時に汚れるのだから、入浴直後の掃除が有効だということはわかっていたのですが、黒カビが浮いていたフックや排水口が微妙に白くなり始めました。さすがに、しつこいカビに止めをさすところまではいかないようですが、一度カビキラーで叩いてしまえばあとは普通に掃除するだけで大丈夫っぽいです。

同じことを、やる時期を変えてやるだけでずいぶんと変わるものです。

そうそう、壁や床も毎日掃除したほうが良いですし、皮脂の混じった湯気が天井のカビの栄養源になるそうなので、真面目にやると掃除も結構手間がかかります。私は妥協して、しゃがんだ姿勢の頭の高さくらいまでで済ませていますが、しっかり換気するといった対策の併用でなんとかなっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年9月 »