« J-Armory FBIビューローを買うか考え中 | トップページ | ヘビーウェイト樹脂についてのメモ »

2009-05-10

J-Armory FBIスペシャル・ビューローを購入

買おうかどうか考え中だったJ-Armory FBIスペシャル・ビューロー、ウエスタンアームズの直販サイトWA/GUNNETでゴールデンウィーク期間中のセールを告知するバナーにつられて購入してしまいました。どう考えても不良在庫で、セール終了と同時に値上げするなんてありえそうにない商品なのに、セール期間が気になってしまうなんて情けない。

メタルターゲット付で21,000円のFBIビューロー MAGNAパックは、メタルターゲットがあると便利かもしれない、と一瞬思ったのですが、同等の機能は段ボール箱で実現できたりするし、複数のターゲットを連続して撃つ練習をしようと考えたら、当然ターゲットが複数必要になって、それも買うというのもちょっともったいないなあ、ということでメタルターゲット以外のセット品、FBIスペシャル・ビューローとスーパーガス、スーパーシリコン、ハイスペックBB弾を単品で購入しました。〆て18,306円。

配送伝票に書かれた住所が間違っていて黒ネコさんから電話がかかってきました。おかしいな、不在通知も入ってないのに夜9時を過ぎても音沙汰がないのは変だ、と思って、登録住所が間違ってないか確認したり、配送状況を何度もチェックしたりしてしまったのですが、そういうことだったのか。エアーキャップ(プチプチ®は川上産業株式会社の登録商標です)でくるんだ品物を無造作に袋詰めしてあったり、(諸般の事情により秘密)だったりしたのもびっくり。黒ネコさんを信用しないわけではありませんが、それは危険だと思います。

FBI-Special-Bureau 試射してみたところ、30℃くらいまで気温が上がった好条件で、ガスをいっぱいにチャージしてぎりぎり2マガジン分は撃てないくらい。WAのハンドガンはホップがかかりすぎる場合も多いようですが、製品付属のBB弾では5m弱の距離で安定した弾道です(グルーピングがまとまっていないのは射手の技量の問題)。ただ、S.C.W Ver.3の固定ホップアップを改善する手法がWA 1911&ハイキャパ系(Rタイプ、SCW)固定ホップカスタム♪どこまでも~限りなく~飛んでいく弾とガバへの想い♪(´ー`)by子連れ狼さんなどに掲載されていて、0.2g弾で距離が伸びると急に弾道が上がる場合などもあるようなので、がんばって距離をとって試してみたほうがよさそうですね。いや、サバイバルゲームをやるわけでもないのだから、純正の0.25g弾で、室内で容易に確保可能な5mの距離で安定しているならそれで十分ではないか? 問題があることに気づいたら悩みが増えるし、LA-GUNSHOP 通販部 だよりに自己チューニングで不具合なんて注意書きもあるし。ちなみに、チャンバーパッキンを煮るという手法は、現行のS.C.W Ver.3向けではないようです。ややこしや、ややこしや。マガジンは21発装弾、のはずですが、フォロアーをいっぱいまで下げた状態で何も考えずに入れていくと22発入ってしまいます。無理やりもう1発入れて23、はさすがにやめたほうがよいでしょう。

見た目に関しては、ハンマーとトリガー、ブッシングだけがシルバーで、あとは黒いのは実銃どおり。マットブラックの塗装が引き締まった印象でなかなか格好良いです。Springfield Armoryの現行製品は安価なパーカライジングとARMORY KOTEなるテフロンコートがあるようですが、この製品の実銃はどんな感じなのでしょうか。カタログやネット上の画像を見る限りではSpringfield Armoryの銃はここまで真っ黒ではない印象です(ちなみにWayne's Colt 1911, 1911A1 Collectionにはこのモデルの実銃の画像があります。この画像だと結構黒っぽい感じですが、実際とは違って見えていそうです)。アウターバレルにはきちんとライフリングも入っていますが、チャンバーカバーを含めて半光沢の黒で、ちょっとプラスチックっぽいのが残念です(2011/01/09追記:チャンバーカバーはABSですが、アウターバレルはアルミです)。ハンマーとトリガー、ブッシングのシルバーは塗装のようです。ブッシングのシルバーがアウターバレルにこびりついてしまうのはちょっと興ざめ……今の今まで「こうざめ」と読むのだと思っていました。なぜか変換できない。刻印は右グリップパネルのすぐ上、サムセフティの先端あたりにひっそりとASGKとある以外は実銃どおりでしょうか。チャンバーにも”NOWLIN.45 ACP”の刻印があります。リアサイトのNOVAKの刻印もばっちり。WA製品で指摘されることのある、ダストカバー先端部やトリガーガード内側のパーティングラインもきれいに消えています。ハンマーと左側のサムセフティはパーティングラインが残っています。ハンマーはちょっと目立ちますね。グリップパネルは木目調でよく似合っていますが、間近で見るとさすがにプラスチックの質感。上から何かを塗って、光沢の具合をもうちょっと、なんか木っぽくすると安上がりにディテールアップできるかもしれません、が、何を塗ったらいいんだろう。まさか普通に木目調の塗装をするのでは素材がまったく関係ないし。

JA/スプリングフィールド・ビューロモデル|RIKSGUNSLA-GUNSHOP 通販部 だよりにはチャンバーカバーの可動軸部分に亀裂が入る不具合などが掲載されていますが、今抱えている在庫は2007年2月に再出荷された製品でしょうから、そのあたりはあまり心配ないでしょうか。でも、サムセフティをかけるときに2段階になる、というのは手元の製品でもしっかりあって、この点はちょっとがっかり。あと、WA製品のスライドストップノッチに金属のインサートが入り始めたのは、この製品が発売されてから1年くらい後なので、そのうちノッチが欠けていくんだと思います。

細かい部分で気になるところはありますが、リアルで格好良くて作動も良好ということで、たいへんよい買い物でした。今後、さらに値下がりしたりしないことをささやかに祈りたいと思います。

|

« J-Armory FBIビューローを買うか考え中 | トップページ | ヘビーウェイト樹脂についてのメモ »

トイガン」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190091/44968748

この記事へのトラックバック一覧です: J-Armory FBIスペシャル・ビューローを購入:

« J-Armory FBIビューローを買うか考え中 | トップページ | ヘビーウェイト樹脂についてのメモ »