« トイガン用パワーソースのガスについてのメモ | トップページ | 米軍のM4取り扱いマニュアルを読んでみる »

2009-09-21

BB弾についてのメモ

前々回前回に引き続き、個人的覚え書きというか、リンク集というか。

BB弾について語るスレ2 >>3サバイバルゲーム@2ch掲示板

このレスの内容は、現行製品のラインナップを反映し切れていないのでは? という疑問があるような気もします。

  • 0.2g、0.25gセミバイオ弾は9社から販売されている。
    • トイテック(KSC、マルゼンにOEM供給):精度は普通、やや径が小さい
    • マルシン(SⅡS、ウエスタンアームズにOEM供給):精度はよい、やや径が大きい
    • 東京マルイ:精度はやや悪い
    • デジコン:精度は悪い
    • EXCEL:精度はやや悪い
  • トイテックとSⅡSを比べて、銃と相性のよいものを選ぶとよい。

BB弾調査ようこそ、ガンスミスエンジニアへ!

  • EXCEL BB弾0.2g:精度が悪く、仕上げもあまりよくない。
  • EXCEL BB弾0.25g:精度は悪い。
  • EXCEL バイオBB弾0.2g:径が小さくつるつるしていてホップアップがかかりにくい。弾詰まりしにくい点を除けば他社のバイオBB弾のほうがよい。軟らかく、硬いものを撃つと砕けやすい。
  • EXCEL バイオBB弾0.25g:精度は普通~よい。バリが残っていることがある。
  • G&G バイオBB弾0.28g:ホップアップのかかりは弱い。ロットによって品質のばらつきがある。はずれロットでも選別すれば良好な精度を得られる。
  • KSC グランドチャンピオンBB弾0.29g:精度は高い。
  • MADBULL Precision BB 0.3g:寸法精度が悪く、気泡も多い。
  • 東京マルイ 純正BB弾0.2g:ホップアップのかかりは弱い。寸法精度はやや悪いが、弾詰まりを起こしにくい。
  • SⅡS 超精密パーフェクトBB弾0.28g:精度は良好だが、表面のワックスがバレルに付着してだんだんグルーピングが広がってくる。このワックスは時間がたつと固まって落とすのが困難になる。
  • SⅡS エコロジーBB弾0.2g:ホップアップのかかりはやや弱い。精度が高い。
  • SⅡS ハイ・プレシジョンBB弾0.2g:ホップアップのかかりは強いが、給弾不良を起こすことも。精度も高い。ハイ・プレシジョンBB弾は通称「赤袋」。
  • SⅡS ハイ・プレシジョンBB弾0.23g:精度が高い。
  • SⅡS ハイ・プレシジョンBB弾0.25g:ホップアップのかかりは強く、精度も高い。
  • SⅡS ハイ・プレシジョンBB弾0.33g:精度は悪くないが、軟らかく表面のワックスが多い。
  • SⅡS 電動ガン対応BB弾0.2g:ホップアップのかかりは強い。重量がややばらつくが、精度も高い。
  • SⅡS 電動ガン対応BB弾0.25g:ワックスが多く軟らかい。ガスブローバックなどで使うと削れてしまう。
  • SⅡS 電動ガン対応エコ素材使用BB弾0.25g:ホップアップのかかりは普通。精度は高い。まぎらわしい名前だが硫酸バリウム主体のセミバイオBB弾。通称「青袋」
  • ウエスタンアームズ マグナBB弾0.22g:精度が高く気泡もないが、バリが残っている。
  • 蔵前工房舎 オリジナル競技用特選BB弾0.28g:2ndロットでは、大きな気泡が偏った位置に入っている。
  • デジコン STRAIGHT BB弾0.2g:パーティングラインやバリがある。精度も悪いが、実射では意外と悪くない。
  • トイテック BB弾0.2g:精度は普通でバリがある。割れやすい。
  • トイテック BB弾0.25g:精度は高めだがバリがある。0.2gよりは割れにくい。
  • 東京マルイ 電動ガン対応BB弾0.2g:気泡の偏りがある。
  • 東京マルイ 電動ガン対応BB弾0.25g:精度が悪い。
  • 東京マルイ 生分解BB弾0.2g:ワックスが多くホップアップが安定しない。軟らかく傷がつきやすい。
  • マルシン MAXI BB弾0.2g:精度は高い。気泡が偏っているものがある。
  • マルシン MAXI BB弾0.25g:精度は高い。ホップアップがやや浮き上がり気味になる。
  • マルシン MAXI BB弾0.3g:ワックスのむらや傷、バリなどが目立つ。軟らかく削れやすい。
  • マルゼン APSスーパーグランドマスターBB弾0.29g:精度は高い。ただし非常に高価。

MAGIのAPS研究室:BB弾

  • KSC グランドチャンピオンBB弾0.29g:直径5.98~6.00mmが約9割を占める。
  • SⅡS 超精密パーフェクトBB弾0.28g:軟らかく傷がつきやすい。大半が5.96~5.98mm。
  • 蔵前工房舎 オリジナル競技用特選BB弾0.28g:スーパーグランドマスターよりも初速は低くなる。初速の安定度は高い。8割近くが直径5.96~5.98mm。
  • マックジャパン クリーンヒッターBB弾0.25g:スーパーグランドマスターよりも初速が高く、弾道変化が大きくなる。直径で選別した場合、初速のばらつきがやや大きい。9割以上が直径5.96~5.98mm。
  • マルシン MAXI BB弾0.2g:直径5.96~5.98mmが大半。
  • マルシン MAXI BB弾0.25g:9割以上が直径5.96~5.98mm。
  • マルシン MAXI BB弾0.3g:近距離の実射では0.2g、0.25gとの差が小さい。大半が直径5.96~5.98mm。
  • マルゼン APSスーパーグランドマスターBB弾0.29g:精度は高い。経時変化でわずかに収縮する。約6割は直径5.96~5.98mmで、約4割が直径5.98~6.00mm。

自分用特記事項

  • カタログスペックや価格を考えると、マルシンMAXI 0.25g=ウエスタンアームズHI-SPEC 0.25g。でもSⅡSの現行製品にはこれに相当するものがないような気がする。
  • トイテック0.2g/0.25g=KSCパーフェクト0.2g/0.25g=マルゼンニューアキュラシー0.2g/0.25gなのかな。
  • 我が家のBUREAU MODELさんはWA HI-SPECが合っている感じなので、比較的入手製のよいマルシンMAXIを選択するのがよいと判断。

|

« トイガン用パワーソースのガスについてのメモ | トップページ | 米軍のM4取り扱いマニュアルを読んでみる »

トイガン」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190091/46269673

この記事へのトラックバック一覧です: BB弾についてのメモ:

« トイガン用パワーソースのガスについてのメモ | トップページ | 米軍のM4取り扱いマニュアルを読んでみる »