« 米軍のM4取り扱いマニュアルを読んでみる | トップページ | King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その1) »

2010-12-14

King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その0)

この子を買ったわけです。

で、当ブログのトイガン関連ではお約束の個人的メモというかリンク集。

まずはイクサボウズ戦記から。

私が購入したものはシリアルナンバーがもっと若かった。なぜか外箱、取扱説明書は120番台なのに、トリガーガードに下がっていたタグは210番台と揃っていませんでした。レイルが微妙にねじれているというのは、言われてみると確かに微妙に。タグと外箱の初速が全然違うのはいっしょで、うちには初速計がないので実測はできないものの、外箱の数字に収まっているようには見えないのも同じ。

次、古美根屋万年堂

Spiritでは、硬いベアリングの付いたハンマーが亜鉛のボルトキャリアーにダメージを与えるという指摘。

和田きなこ最終版には、ファイアリングピンブロックが斜めになっているためにマガジンの抜き差しが固く、テイクダウンピンもハンマーが必要なほど固いとの記述が。

ガスブローバックM4全般については、まだ決めてない。

最後に実銃関連。

King Arms M7A1にはついていないスリングマウント、実銃アップグレードキットのカタログ写真ではProfessional Grade Rifle Receiver Sling Adapterがついていて、これのレプリカがKing ArmsのHigh Grade Sling Adapter。しかし、キット内容のリストにはTROY OEM M4 Sling Mountと書かれていて、よりリアルにするためにどちらを選ぶかでものすごく悩むことに。実銃に付属のスリングは1ポイント、レイルカバーは2枚。BUIS(バックアップアイアンサイト)に適合するEoTechホロサイトは511/551/512/552/XPSで、553/557だとサイトが低くてよくない。

ちなみに、アメリカの実銃用アクセサリ販売サイトにも日本向けに出荷してくれるところがあって、スリングとスリングマウント、レイルカバーは本物が日本国内で販売されているレプリカと同じくらいの値段だったりする。送料がネックだけれど、余分に買って「実物新品です」とヤフオクで売ると差額で送料分くらいなら簡単に稼げるかも。2011/01/09追記:実銃用アクセサリの個人輸入ではまる?: Take Over Visuallyで書きましたが、実銃用アクセサリの個人輸入は経済産業省の承認が必要で、基本的に実銃の所持や製造、販売が認められていない場合は承認を受けられません。

|

« 米軍のM4取り扱いマニュアルを読んでみる | トップページ | King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その1) »

トイガン」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190091/50301737

この記事へのトラックバック一覧です: King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その0):

« 米軍のM4取り扱いマニュアルを読んでみる | トップページ | King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その1) »