« BB弾についてのメモ | トップページ | King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その0) »

2010-12-12

米軍のM4取り扱いマニュアルを読んでみる

King ArmsのガスブローバックM7A1を購入したので、より雰囲気を出すために実銃準拠の扱い方から勉強してみる。私が読むと意訳というか超訳というか誤訳になってしまうっぽいけれど気にしない。

リンク先はすべてPDF。下2つの陸軍のものはSSL証明書の関係でセキュリティ警告が出るので、一応アンチウィルスソフトなどで防御を固めてからアクセスを推奨。

USAF WEAPONS HANDLING MANUAL

全部読むのは大変なので(えー)USAF WEAPONS HANDLING MANUALのAttachment 4 M16 SERIES, GAU/GUU SERIES RIFLES AND M4 SERIES CARBINES (5.56MM) を読む。機械翻訳にもたいそうお世話になりましたが、ことごとくmagazineを雑誌と翻訳されたりしたので以下の内容はあんまり保証できません。

A4.1 支給
  1. 保管用ラックやコンテナからライフルを取り出すとき、支給ポイントのクリアリング・エリアへ「ポート・アーム」ポジションで向かうときは、トリガーガード内に指を入れない。
  2. ライフルにマガジンが入っていないことを目視で確認する。
  3. 支給/返却バレル・エイミング・ポイントで、ボルト・キャッチを押しながらチャージング・ハンドルを引き、ボルトを後退(オープン)位置にする。チャージング・ハンドルを元に戻す。
  4. セレクター・レバーを「セーフ」に合わせ、チャンバーとレシーバー内に弾薬がないことを目視で確認する。
  5. 支給する相手に、ストックを先に、マズルを上に向けて渡す。ボルトは後退(オープン)位置で固定し、セレクター・レバーは「セーフ」である。支給時には、トリガーに指をかけない、トリガー・ガード内に指を入れない。
A4.2 ローディング

武器の支給を受けたら、直ちにクリアリング・ゾーンへ向かう。ライフルは「ポート・アーム」ポジションとし、ボルトを後退位置で固定、セレクター・レバーは「セーフ」である。

  1. クリアリング・バレル・アテンダントの指示に従い、クリアリング・ゾーンに入る。マズルをクリアリング・バレル・エイミング・ポイントに向ける。トリガー・ガード内には指を入れない。
  2. セレクター・レバーが「セーフ」であること、チャンバーとレシーバー内に弾薬がないことを目視で確認する。その後クリアリング・バレル・アテンダントによりライフルがクリアかつ安全であることを確認する。
  3. ボルト・リリースを押し、ボルトを前進(クローズ)位置にする。エジェクション・ポート・カバーを閉じる。
  4. セレクター・レバーが「セーフ」の状態でトリガーを引く。ライフルがドライ・ファイアした場合は直ちに報告する。
  5. 直後の任務で必要とされる場合は、この段階でマガジンを挿入して固定する。直ちにマガジンを挿入する必要がない場合であっても、マガジンが挿入されている可能性があると考えること。交戦のため直ちに応射する必要がある場合以外は、弾薬がチャンバーに装填されていてはならず、セレクター・レバーが「セミ」「バースト」「オート」の位置にあってはならない。
  6. (食事や休憩のため)任務から離れる場合は、(即応の必要がある場合や脅威が存在する場合を除き)建物に入る前にマガジンを抜き、任務に戻る際に再度挿入する。
  7. ライフルをスリングする場合はマズルを上か下に向ける。悪天候の場合はマズルを下に向けなければならない。
A4.3 アンローディングとクリアリング

任務が終了した場合は、直ちにマガジンを抜かなければならない。責任者は、部下が任務を終了する前にマガジンが抜かれていることを確認しなければならない。責任者がいない場合は、マガジンを抜いたことを交代要員に確認させなければならない。

  1. 武器をクリアするためクリアリング・ゾーンへ向かうときは、ライフルを「スリング・アーム」または「ポート・アーム」ポジションにしなければならない。
  2. クリアリング・バレル・アテンダントの指示に従い、クリアリング・ゾーンに入り、マガジンが抜かれていることをクリアリング・バレル・アテンダントに確認させる。スリングしているライフルを外し、直ちにマズルをクリアリング・マズル・エイミング・ポイントに向ける。トリガー・ガード内に指を入れない。注記:任務を終了した時点でマガジンが抜かれていなければならない。万一マガジンが抜かれていなかった場合は、手順を進める前に、マガジン・リリース・ボタンを押してマガジンを抜かなければならない。
  3. クリアリング・バレル・アテンダントは、クリアリング手順を進める前にライフルからマガジンが抜かれていることを確認しなければならない。
  4. セレクター・レバーが「セーフ」の位置にあることを目視で確認し、ボルト・キャッチを押しながらチャージング・ハンドルを引いて、ボルトを後退(オープン)位置にする。チャージング・ハンドルを元に戻す。
  5. チャンバーとレシーバー内に弾薬がないことを目視で確認する。クリアリング・バレル・アテンダントは、ライフル内に弾薬がないことと、安全に返却できることを確認しなければならない。
  6. 「ポート・アーム」ポジションで返却ポイントに進む。ボルトは後退(オープン)位置で固定し、セレクター・レバーは「セーフ」である。
A4.4 返却

指示に従って、返却ポイントに入り、武器管理者にストックを先に、マズルを上に向けて渡す。ボルトは後退(オープン)位置で固定し、セレクター・レバーは「セーフ」である。武器管理者は、ライフルを受け取ったら直ちにマズルを支給/返却バレル・エイミング・ポイントに向けなければならない。トリガー・ガード内に指を入れない。

  1. チャンバーとレシーバー内に弾薬がないことと、安全に保管できる状態であることを目視で確認しなければならない。
  2. ボルト・リリースを押し、ボルトを前進(クローズ)位置にする。
  3. セレクター・レバーを「セミ」にしてトリガーを引き、支給/返却バレル・エイミング・ポイントに向けてドライ・ファイアする。エジェクション・ポート・カバーを閉じる。
  4. ライフルは「ラック・セーフ」、弾薬はなく、ボルトは前進(クローズ)位置にあり、セレクター・レバーは「セミ」である。注記:ドライ・ファイアした後は、セレクター・レバーは「セーフ」にできない。ライフルは保管ラックやコンテナに収納することができる。

|

« BB弾についてのメモ | トップページ | King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その0) »

トイガン」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190091/50282650

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍のM4取り扱いマニュアルを読んでみる:

« BB弾についてのメモ | トップページ | King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その0) »