« King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その1) | トップページ | 実銃用アクセサリの個人輸入ではまる? »

2011-01-01

King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その1.33 SAFE/FIRE/AUTO?)

その0その1に続き、新装備King Arms Troy M7A1 2009 Gas Blowback。ガス漏れのマガジン交換は結局越年、時期が悪かった。KingArms M4A1 GBB!!! - ラオウのブログ - Yahoo!ブログによると、瞬く間に放出バルブのOリングが外れてしまうロットがあるんだとか。まさに外れロット。

King Arms TROY M7A1 GBBレシーバー左側さて本題。外観で気になっていた点、セレクターのSAFE/FIRE/AUTO刻印について。これで合っているのかは相変わらずよくわからないものの、SAFE/SEMI/AUTOではないのが正しいことは分かった。

M&P15は、Smith & Wessonが2006年に販売を開始した、5.56mm NATO弾を使用するAR-15系ライフルで、セミオートオンリー。なので、セレクターの刻印はSAFE/FIREが標準。後からフルオートを追加するような改造が存在しているかどうかは分からないので、世の中にはSAFE/FIRE/AUTOというのもあるかも。

フルオート付きのバージョンはM&P4で、2009年のSHOT Showで発表(Smith & Wesson® Debuts New Products and Earns Industry Awards at 2009 SHOT ShowSmith & Wesson Holding Corporation Announces Third Quarter Financial Results)。こちらはセレクターがSAFE/SEMI/AUTOとなっている、はずなんですが、Smith & Wesson LAW ENFORCEMENT - MILITARY REVAB100109(2010/01/09版?)の12ページではSAFE/FIRE/AUTO。次のページの写真ではSAFE/SEMI/AUTOになってるんですけど、どういうことなのだろう。Smith & Wesson LAW ENFORCEMENT - MILITARY REV20100501(2010/05/01版?)の14ページではSAFE/SEMI/AUTOになっていました。

|

« King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その1) | トップページ | 実銃用アクセサリの個人輸入ではまる? »

トイガン」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190091/50463718

この記事へのトラックバック一覧です: King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その1.33 SAFE/FIRE/AUTO?):

« King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その1) | トップページ | 実銃用アクセサリの個人輸入ではまる? »