« 実銃用アクセサリの個人輸入ではまる? | トップページ | King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その1.67) »

2011-01-09

RedWolf Airsoftでの買い物メモ

香港のトイガン販売サイト、RedWolf Airsoftでの買い物について。

海外ショップからのエアガン購入Wiki - Redwolfでは、あまり良い対応ではなかったようなことが書いてあるけれど、私の場合は特に問題はなかった。もっとも、日本市場向けに初速を調整する必要があるエアガン本体は買っていないので、その辺については分からない。

RedWolf Airsoftオーダー履歴画面注文は1月4日午前1時47分。決済にはPayPalを利用し、決済手続きは午前1時53分。支払額は日本円で7,254円だったので、1ドル=83.36円の計算。このあとやや円安になったので、タイミングとしては悪くなかった。

注文画面に大きく表示されているCheck out with PayPalのボタンはなぜか正常に動作せず使えない。クリックしても何も起こらないし、ボタンにフォーカスが来ている状態でEnterキーを叩くと画面はPayPalに切り替わるのだが決済する金額が引き継がれない。

すぐ上のCheckOutボタンから注文処理を進めると、手続き完了後に自動的にPayPalの画面に切り替わって決済できるのだが、“If you elected to pay with PayPal,” などと決済処理を求めるメールが届く。PayPalの決済手続きがきちんとできていれば、ほとんど同時に ”This is to inform you we are already processing your order, and will ship out to you as soon as possible.” と書かれたProcessing Notificationのメールも届き問題はないのだが、ちょっと気になる部分。

出荷完了のメールは1月5日午後7時30分。Processing Notificationに書かれている “Typical turn-around times for orders are 24 - 48 hours.” の時間に収まっている。出荷作業にかかる時間は楽天市場に出店しているショップと同じか、やや遅いくらいといってよいだろう。

Hong Kong Post追跡サービス画面Hongkong PostのホームページではPosting Timeは1月6日午後1時(日本時間午後2時)になっていて、かなり気になる。もっとも、楽天のショップでも「発送しました」と言いながら発送を忘れて休みに入ってしまうところもあるので、こんなものか。ちなみに、追跡サービス上で表示されるようになったのはこの時刻の数時間後。はてなダイアリーのほうでも少し書いたけど、日本ならステータスがもっと迅速に反映されるのになあという気分になるが、日本のサービス水準が高すぎるのだろうな。

郵便事業会社追跡サービス画面1月6日22時24分に香港を出て、翌7日11時06分に東京国際支店着。通関があるから土曜日と日曜日、成人の日を挟んで火曜日まで持ち越しかと思ったが、20時32分に東京国際支店から発送され、8日の9時15分には地元集配局に到着。15時31分の配達で、これが1時間もたたないうちに追跡サービスに反映されているのは、やはりサービス水準が高すぎる。

RedWolf Airsoft梱包届いた箱を見た感じでは、通関時に開封された形跡はなし。インボイスの入った透明なビニールの上からべったりと配送伝票が貼られていて、インボイスを取り出すのは不可能な様子。伝票の “TOYS”、”USD 67” だけで滞りなく通関したようだ。

差出人がRedWolf Airsoft Specialist Limitedではなく個人名らしき名前になっているのはどうしてだろう? Airsoftの文字が入った会社名ではない名前にすることで通関時にスルーされやすくなるとでも期待しているのだろうか。

RedWolf Airsoft梱包材箱を開けるとびっしりと発泡スチロールの緩衝材。困ったことに、箱の一番下にガスガン用のマガジン、その上にレイルカバーやスリングアダプターが入っていて、さらにその上から緩衝剤。どう考えても緩衝材・商品・緩衝材になってないのは困る。WA M4系ガスブローバックのマガジンなんてやたらと貧弱なんだから。

一応壊れてはいなかったようだが、ガスを入れにくくてかなわない。安いからって日本向けに調整されていない製品を安易に買ったのが敗因だろうか。国内流通版のKing Arms M7A1のマガジンは届いたその日にお亡くなりで代理店経由で香港に旅立ってから戻ってきてないからなんとも言えない部分もあるんだけど、ここまで使いにくくなかったような。

購入した品物とインボイス中身。左上の黒いものは、年末年始セール期間中の特典でついてきたMAGPUL PTS PMAG用の滑り止めシール、MilSpex 3M EMG (Enhanced Magazine Grip) For Magpul PTS PMAG。3M Safety-Walk™を使ったもので、滑り止め効果は高そうだけどPMAG持ってないんだよな。

インボイスで、King ArmsのHigh Grade Sling AdapterがPLASTIC PARTS FOR TOYになっているのが非常に気になる。レイルカバーと逆になってるんだろうか。あと、インボイスに書かれていない3M EMGが通関時に引っ掛かってたら「おまけでついてきた品物です」って説明したりとか、ちょっと手間だったかも。

ひとつ前のエントリーで関税品目分類について触れたけど、インボイスに書かれている品目分類(Harmonize Tariff Schedule code)が9503.90.0080になっている。9503に属する玩具なのはあっているのだけれど、現在のHong Kong Harmonized System codeでは、トイガン用アクセサリーは9503.00.99ではないかと思う。日本の分類ではプラスチック製のレイルカバーは9503.00-913、金属製のスリングアダプターやマガジンは9503.00-912。

|

« 実銃用アクセサリの個人輸入ではまる? | トップページ | King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その1.67) »

トイガン」カテゴリの記事

消費生活」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

Redwolfでの買い物はやめた方が良いと思います。私はGBBマガジンを3本買いましたが、2本がガス漏れ。頻繁にプッシュメールとか送ってくるクセに、トラブルについてはこちらからのメールには一切解凍して来ないです。本当に最悪のショップです。

投稿: SemiAuto | 2011-01-25 16:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190091/50532140

この記事へのトラックバック一覧です: RedWolf Airsoftでの買い物メモ:

« 実銃用アクセサリの個人輸入ではまる? | トップページ | King Arms TROY M7A1ガスブローバック(その1.67) »