« IC-R6レビュー(その1) | トップページ | IC-R6レビュー(その3) »

2011-07-25

IC-R6レビュー(その2)

IC-R6レビュー(その1)の続き。

スキャン・サーチ

AX400の最大の弱点がメモリースキャンの遅さだったことを考えると、もうIC-R6と比較しようなんて考えるのが間違い。8ch/秒、しかもちょっと周波数が離れるとさらに遅くなるのでメモリーは周波数順に、なんて恐ろしく手間のかかることをしなくてよくなったのは楽。でも、周波数順にメモリー登録できるようにExcelにまとめてある周波数をメモリーしていくのでIC-R6も周波数順に(笑)。しかしほんと一瞬で1周する……は言い過ぎにしても、メモリースキャン50ch/秒は並みの受信機のサーチより早いんですよね、IC-R6。

AX400というかマランツ製品のメモリースキャンは機能的にも使い勝手が悪かった。メモリースキャン時にスキップするチャンネルを設定するのではなく、「メモリースキャンメモリー」という、設定されているチャンネルだけスキャンする機能が用意されていて、これがめんどくさいのです。常時電波が出ているATISはスキャンしないように設定したい場合に、ATIS以外のチャンネル全部でセットモードに入って設定していかないといけないという。よく窓から投げ捨てずに使えたもんです。もちろんIC-R6はそんなことはなく、メモリースキャン時にスキップするSKIPと、VFO・プログラムスキャンを含めたすべてのスキャンでスキップするPSKIPVFOスキャン・プログラムスキャン時にスキップするPSKIPと、メモリースキャンを含めたすべてのスキャンでスキップするSKIPを設定できるようになっています。

VFOスキャン・プログラムスキャンも速い、20ch/秒のAX400に対してIC-R6は100ch/秒。ただ、ラジオライフ2011年4月号「今、買うべきハンディ機2011」で小林照彦氏が指摘しているUHFエアーバンドのプログラムスキャン時に設定した周波数ステップが無視されてしまう現象は気になります。しかも、12.5kHzステップになってしまっているのに12.5kHzステップでスキャンが止まるわけではないようで、もう何が何だか。でも速いので実用上差し支えありません。周波数ステップが変わるのではなくて、単にスキャンが遅くなる周波数範囲があるようです。VSCを有効にするとさらに遅くなるので、スケルチ周りの処理に問題があるのかもしれません。AX400にはあったサーチパスメモリー相当の機能がIC-R6にはなく、スキャン時に飛ばしたい周波数を通常のメモリーに入れてPSKIPを設定するというのはちょっともったいないなあという気分。AX400はAX400でATISのような常時電波の出ている周波数を通常のメモリーとサーチパスメモリー両方に登録と、かゆいところに手が届かない感じで、どっちもどっちではあります。IC-R5ではできなかったVFOスキャン・プログラムスキャン中のPSKIP登録はFUNC+V/M(SKIP)長押し、一応気を配ってメモリー末尾の1299CHから登録されていく親切仕様になりました。

この業界、メーカーや機種によって用語が違うのには困ってしまうのですが、AX400ではスキャン=メモリースキャン、サーチ=VFO・プログラムスキャンであるのに対して、IC-R6ではAX400でスキャンと呼んでいるものがメモリースキャン、サーチ=VFOスキャン・プログラムスキャンとなっています。AX400が販売されていたころのマランツのアマチュア機ではサーチという語は使われていなかったので、どうしてAX400は違うんだろうと不思議だったのを思い出します。

受信音

AFフィルターがある分IC-R6のほうが聞きやすいですが、AX400が悪いかというとそうでもないですね。なかなか便利なAFフィルターなのですが、これがAM・FM・WFMのモードごとに独立して設定されるのに気付かず「あれ? あんまり変化ないような?」なんて思ったりしました。

比較的評判の良いIC-R6でも内蔵スピーカーでは限界があると思い外部スピーカーをつないでみると、ダイソーで購入したCD-6263という100円スピーカーでは明らかに音量が小さくなります。内蔵スピーカーで同じ音量に聞こえるようにしたAX400とIC-R6に同じスピーカーをつなぐとIC-R6のほうが音が小さくなるのです。消費電力を抑えるために出力インピーダンスを低く設計しているのかもしれません……と思ったのですが、定格ではAX400が「スピーカーインピーダンス 8Ω」、IC-R6は「低周波負荷インピーダンス 内蔵SP 16Ω/外部SP 8Ω」となっていました。どうやら、IC-R6の売りの一つであるBTL(Bridged Transformer Less)回路が内蔵スピーカー出力の時だけ有効になっているらしく、低周波出力も「内蔵SP(16Ω10%歪率時)150mW以上」「外部SP(8Ω10%歪率時)80mW(typ.)」。単純に内蔵スピーカーの方が出力が大きく、音量も大きいということのようです。イヤホン使用時の消費電力を抑える意図の設計なのだと思いますが、ちょっと残念。

|

« IC-R6レビュー(その1) | トップページ | IC-R6レビュー(その3) »

無線」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190091/52306227

この記事へのトラックバック一覧です: IC-R6レビュー(その2):

« IC-R6レビュー(その1) | トップページ | IC-R6レビュー(その3) »